こんぺいとうさんのコンサートにいった。

早いものだ・・。 もう1年経ったのかしら・・・。 今年も、5月19日に「小倉城の日本庭園」でこんぺいとうさんのコンサートがあった。 何年前だったか初めて伺ったのは「パンフルート」と言う楽器に興味があってのことだったが・・・。 それも今は亡き、ネットの仲間「ご老公」のHPだった。 「こんぺいとうさんを聴きに行ってきましたよ」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

数独

新聞の日曜版の(数独)なる遊びに挑戦している。 記憶力、忍耐力、目配り、気配り、と私にないものばかり要求してくる。 消しては書き、又消しては書く。 だんだん混乱してくる。もう限界・・・と一休みする。 遣り掛けの切り抜きが、テーブルの上に溜まってくる。 [もみじ整骨院]の院長先生にお話したら、初級、中級とあるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小学生になりたい。

今朝の新聞に「小学生算数問題」が載っていた。 さてさて、私は?・・ いくら何でも・・「小学生・・・・」は無いだろう?・・・。 答えは切り取ってゴミ箱に捨てた・・。 足し算、引き算、割り算・・・分数・・・。ここまではなんとか・・・。 面積・・・・・・だんだん問題の意味が判らなくなってきた。 はがきが書いてあるが、縮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

櫻ゆらゆら・・・・

朝からPCの前で頼まれたお仕事していました。 若くして亡くなられた彼女のお兄さんの遺稿を整理させて頂いています。 京都嵯峨野が中心で「蝉しぐれ」と題がついています。 読みながら活字を拾うのですが、古語や仮名ずかいを間違えまいと必死です。 一息つこうと「楽亦・・・」に行ったら・・・。 夏子さん、ありがとう・・。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

出会い・・・。

昨日はTの(月命日)であった。 いつものようにお寺さんがお見えになるのをじっとお待ちする。 お坊さんは私の学生時代の事をよくご存知で 「今日は・・十二礼・・をお唱えしましょう」・・お坊さんの後についてお経を上げる。 お勤めが終わられたお坊さんは、一服なさりながら 「今日は貴女にとってどういう日ですか?」と質問なされた。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

陽だまり苑は・・・。

利用者一人々々のお世話から、 書類書き・と言っても   毎日の体の状態書きから、   家の人との連絡帳書き、 お風呂、リハビリのお世話・・・その間、利用者達に対する目配り・・これが又、一番大変と思う・・・。 陽だまり苑のスタッフは少ない人数でよく動く。 これほどに鍛えられた人たちは最近お目にかかった事が無い。 私は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

老人ボケとは?

人間として最低の礼儀を忘れかけたら・・・ それは「ボケ」はじめたという事ではないだろうか? 子供だって、他所にお邪魔して、夕暮れになったら「早くかえらなくては・・・」と思うものだ。 無我夢中になって、家に帰るのも忘れる・・・ まさしく「ボケはじめた・・」ということか? つくづく嫌になるけいけん・・というか・・・昨日やって…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ひな祭り2

「さげもん」をスタッフが作っていました。 「こんなに細かいお仕事・!!・」私には・・・とても・・・とても・・です。 小さいので、傘の下に下げられました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お雛様

陽だまり苑の「ひな祭り行事」で今週は賑わった。 入り口にはスタッフ手作りの大きい壁絵が掛かる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不便な世の中

「昨日大雪だったので、高速道路が閉鎖されていて未だ解除されてないのです。 国道が渋滞しているので9時半のお約束でしたが、10時頃になると思います」とTELがあった。 では、とオーバーを脱いでPCへ。 学生時代電車通学だった私は、朝礼に遅刻して運動場に座らせられた経験がある。 遅刻の言い訳に「電車が来ませんでした」と言った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひな祭り

2月はあっという間に過ぎてあさってはもう3月。  陽だまり苑では毎年、ひな祭りでお菓子とお抹茶が振舞われる。 お床に掛け物、というわけにはいかないが野点傘に短冊である。 1週間続くので、スタッフはお世話が大変だろうと思うが、利用者の皆さんは喜んでおられるようだ。 家ではなかなか抹茶は味わえないので嬉しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログのネタ

今日は「T」の命日。 朝からお坊さんお迎えの準備をして、お見えになるまでPCの前で遊ぶ・・・・ 台所にパソコン持込、ブログも書いたし・・・・・ 暫くご無沙汰の「ドラクエ」のレベルでも上げようと・・・・・ 「こんにちは・・」の声に振り向けば・・ いつものお若いお坊さんの笑顔・・・。 「ドラクエですか?」 流石、お若い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩で思い出した事

散歩をしなくなってどれくらいになるだろう・・。 もう少し暖かくなったら、もう少し涼しくなったら、等といってる内に・・・・歳月だけは容赦なく過ぎていく。 6時に家を出て、忠霊塔の広場まで約30分。 「ラヂオ体操に参加して、帰りはゆっくり山道を遠回りして帰る、」これが私たち二人の朝の日課であった。 夫が逝ってからも1人で暫く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしき出会い(再投稿)

最近、しきりと昔出会った人々の事を思い出す。 先ず私の茶に於ける師匠 「武谷素外」 の事を書いてみよう。 初めて先生にお会いしたのは、昭和16年ごろ私は数えで16歳。女学校2年生の時である。 父親が碁仲間の骨董やさんで意気投合して、家にお連れしたと言うわけである。 それから毎週自宅でのお稽古が始まり、卒業と同時に先生のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「【他を思いやる心】」について

「【他を思いやる心】」について 大人の責任に於いて、子供には幼い頃より、それが自然に育まれる環境を整えてやらねばならないのでないのではだろうかと思う。 百合子が二十歳の時、初めて一人で九州にやってきたときの日記から・・。 東京から20歳の孫が遊びに来た。日頃から親である私の末娘が 「本当に何を考えているかさっぱり解らないの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「時代が違うと人は言う」について

「時代が違うと人は言う」について これは(2008/2)の投稿で、責任あるデイの送迎とは違いますので・・・。 今冬初めての大雪。 爆弾低気圧というらしい。 約束していた人からTEL。 「お宅の坂道登れませんよね・・・・」 「坂の下に車は置いてくれば」 「駐車違反になるかも・・・・」 「こんな日は1時間位大丈夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪空に星があるように

空に星があるように、   浜辺に砂があるように ボクの心にたった一つの小さな夢がありました 風が東に吹くように   川が流れていくように 時の流れにたった一つの小さな夢は消えました 淋しく淋しく星を見つめ 一人で一人で涙に濡れる   何もかもすべては終ったけれど   何もかも回りは消えて終ったけれど    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記憶の絵

スクラップ帳を作ってから、新聞は勿論、チラシも、隅々まで丁寧に見るようになった。 新聞等「編集手帳」「新刊書の案内」「週刊誌の広告」を、ざっと通り過ぎる程度だったが、切り抜かなければと思うと 時間をかけて、読んでいる。 今年が「森鴎外」の生誕150年になるという記事をみつけた。 そうだ、「森茉莉」さんの、「記憶の絵」があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっきの続き・・。「いたづら・・」

私は若い頃から何か「本」を持って歩くのが好きだった。 おしゃれなど出来ない終戦後の私たち、本を片手に町を歩いていた。 つまり本が「アクセサリー」だったわけだ。 今でもバッグには、何かしら小さい本が入っている。 文庫本そのままでは、なんとも味気ないので綺麗な包装紙などをカヴァーにしていたが、 この度「カレンダー」を使ってみた…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

遊びを考えるのは楽しいよ・・。

今年も捨てられないカレンダーが沢山残った。 毎年の事だが、たいていはメモ用紙になる。 其の中で「JRのカレンダー」だけは、5年毎に処分する事にしている。 JRのそれは写真が主なので、紙質が厚くてゴミ箱一杯になるほどだ。 綺麗な景色を切り取りながら、あれこれと考えた。JRだから日本中の景色が楽しめる。 そこで、写真の…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

千両

万両と藪柑子はあるけれど、千両が何度植えても根づかなかった。 今年はやっと綺麗な実をつけて呉れた。 日当たりの所為なのか、土の所為なのか、皆同じ条件だけれど・・・。 消えない事を願って・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越しについて

夏子さん、OCNはコメントしたくても、ログインが必要なので、出来ないのですよ。 一番最初のお客様だけ、こちらにおつれしました。連絡はこちらにおねがいします。おと
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お御籤の花

陽だまり苑から初詣に連れて行って頂いた。 境内の木には、おみくじの花が咲いていたが、枝では無く木の幹の皮にも挿してあった。 まるで蝶が止まっているようで、綺麗だった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

門松

我が家の門松は玄関の両方の壁に貼り付けるようにしてある。 松竹梅を懐紙でくるんで水引で結ぶだけだ。 水引は頂き物の熨斗袋から外して仕舞ってあるのを毎年使う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無料ホームページを作ってから・・・

2000年9月にHP(hi-ho)を立ち上げて何とかつづけられて来たが・・・。 一番最初のお客様をお連れして来た。懐かしい・・。 編集 返信 また来てしまいました おとさん。こんばんは。 お庭の菊はどんな風になってますか? うまく育ってますか? オカリナを吹くのは難しい?? いっぱい、いっぱい、おとさんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書人の一生

岩波文庫は5色の帯によって分けられているとか・・・ 緑は日本文学・・・赤は外国文学・・・白は社会、科学・・・青は哲学、歴史・・・黄は日本古典・・・ [読書人の一生」として、向井敏さんの詩が引用してあった。 夢見る瞳で緑帯、娘盛りは赤い帯、 朱に交わって白い帯、行き着く先は黄色帯。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「終戦其の時」について

「終戦其の時」について 終戦其の時 << 作成日時 : 2007/11/29 17:43 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0 朝日新聞8/16天声人語より) 安達大成さんは「終戦の日」を旧満州で迎えた。12歳の中学生だった。 ソ連との国境に近い小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児教育が大切と思う

今朝の新聞に「行楽客が観光地をごみで汚す」と、だいだい的に報じられていた。 日本人は何時ごろから「ポイ捨て」を何とも思わなくなったのか・・・・。考えてみた。 毎日が忙しくて「ポイ捨て」は無意識の状態。 つまり何も考えてないから、出来るのであろう。 何も考えなくても「体に覚えさせている」のが大事なのだが、 それには「幼児教育…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

お疲れさまでした。

デイサービス「陽だまり苑」では、毎日の行事に加えて、「年間行事」がもりだくさん・・。 先週は「運動会」がだった。 身体の不自由な方や、たった今の事を覚えていない方々の集まりだから、お世話はそれはそれは大変なお仕事である。それも1人や二人ではない。約30人のお世話である。 運動会と言っても、外では出来ないから、先ず会場作りか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夜のプラットホーム

二葉あき子さんが今年8月になくなったとか・・。 80歳過ぎても優れた歌唱力でフアンを魅了してきた方である。 特にこの曲は私にとって思い出深いものがある。 昭和22年12月に結婚式を挙げた直後、夫は残務整理のため、横浜の会社に戻った。 一ヶ月して返ってきた夫が持って帰った楽譜が「二葉あき子の夜のプラットホーム」であった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

懐かしい曲

なぜ、懐かしいのか判らない。 昔、よく聴いたきょくなのか? でも、松山千春の唄はあまり聴いた事はないが・・・。 コマーシャルなどで無意識に聴いていた曲なのか?・・・判らない・・・。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2007年の投稿文を再び此処に・・。

    「用事が済んだら必ず振り返る事」      これを「癖」にして貰いたいと思う。 ★ トイレで「汚してないか」と振り返る。 ★乗り物から降りるとき「忘れ物」は無い かと振り返る。 ★席を立つ時、然りである。 ★玄関の靴の始末当然である。 私は、振り返らずにはいられない。 会食が済んで立ち上がると「忘れ物ない?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しそう・・・。

もみじ整骨院の院長先生は、今年の夏「球磨川くだり」を楽しまれました。 皆さん、きちんと「救命胴具」をつけていらっしゃいますよね。 「天竜くだり」の惨事を思うに・・・子供連れで器具もつけづに・・・考えられない事ばかりの世の中です。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブログネタ:食事の食べ残し、どう思う?

食べ残すなんて、考えられない私・・。 戦中戦後、物の無い頃を経験した方でも、残して平気な人は沢山居る。 「勿体無いの心」よりは、大いに日ごろの生活習慣にも因ると思う。 はっきり言って「お行儀が悪い」のである。 韓国では少し残すのが礼儀とされているらしいから、それはそれ、韓国のお話で・・。 第一に食べ散らかしたお皿が見た…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

心の無い社会

「10月生まれの人の今日の占い」 腹の立つことがあっても「平常心」で・・・。 まさしく言い当てられた。 どうやったら「NTT」を困らせる事が出来るか? そればかり考えて昨夜はトイレに3度も行った。いま一度文字にしないと治まらないので・・・。 今朝の朝日新聞「編集手帳」に 松下幸之助さんが、立花大亀和尚にある茶の湯の席…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏子さん、有難う

昔のままではありませんが・・・2007年11月迄・・・遡る事が出来ました。 改めて村長さんとお知り合いになった時の書き込みや、終戦時の思い出等の記事を読みました。 今年もふうらんが花をつけて呉れました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

時代は変わる

学生時代の友の「初盆」だ。 70年来毎月逢っていた友3人でお参りにいった。 都心から離れた家を昔の思い出だけで探す、すっかり変わっているので、ぐるぐるまわり・・・ 親切なタクシーの運転手さんでよかった。ヤットたどり着いたが、「初盆」らしき様子は無い。 施設にいたので、仏様は自宅にはいないのかも・・・。 昔の感覚では「初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜んだのは束の間

あっ!!でたよ~ 喜んだのは、つかのま・・・。 書き込みは出来るのよね・・・。 「公開」が開かない・・・ 一と月もたったよ。 どうも、biglobeの支払い設定が出来ていないようだ? 支払い用紙を請求したがい週間ぐらいかかるそうだ・・・。 NTT・・・ビッグローブ・・今までこんな経験した事ないよ~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more