開苑10周年のお祝い

     開苑10周年のお祝い                                                          平成25年8月16日    陽だまり苑でお世話になるようになってから9月で早10年、アットと云う間でした。         色々な方とお友達になりました。別れもありました。    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は涼しいよ

風蘭が例年になく、沢山花を咲かせてくれた。 急に暑くなって人間がバテてる時も風蘭には良い環境だったのかしら・・・。 カメラを向けていたら、頭の上を赤とんぼが2羽通りすぎていった。 お盆が近いのかと・・今日は8月2日だ・・・・。 30日の夜は暑くて夜中に3度も目が覚めた。 夜中に目が覚める事は滅多に無い私なのに・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い込み・・・

今日は朝から辞書とにらめっこ・・・。 「漢字のお遊び」で有難いご指摘をいただいた。  (酒)の部首は(さんずい)ではないと・・・。 画引きでは(7画)酉の3角に出ている・・・。 確かに(さんずい)には載って無い。 正確に言うと(酒)という字はさんずいではなく日読みの酉にさんずいを付けるというのかな?・・ 久しぶり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お遊び

こんな遊びは如何? さんずいのつく漢字を思いつくく侭に並べてみました。間違って2度書いた字が一字あります。何と言う漢字でしょう? 湯 湧 洗 泳 浪 波 池 泥 涙 泪 流 激 沖 海 汀 酒 沼 湖 湾 泊 潮 汐  浅 瀬 沈 注 滴 浸 潤 汁 泣 油 液 汲 沸 渡 漕 河 沿 溜 漢 満 測 汗 淋 浴 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

古い歌は消える!!

「荒城の月」や「ふるさと」が小学校の歌の教科書から消える?・・・ 理由は「言葉が難しい」だって・・・(^Д^) 「ふるさと」にいたっては、こんな景色の故郷は日本にはもうない・・・だ、そうだ・・・・(`・ω・´) ちょっと驚いたが、これって昔からこうやって新しい歌を取り入れてきたんだよね。 でも、いい歌は何も教科書に載って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道徳

図書館の本を盗んで売っていた人がいた。 それも管理していた司書である。 日本人も此処まで落ちたか・・・恥かしい!・・・情けない!・・・気持ちで一杯である。 図書館を利用している人、又はこれから子供たちも読むであろう本を、売るなんて・・・・。 とても考えられないが、新聞で見たから、実際に起きた事のようだ。 以前、試験…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんぺいとうさん

多彩な楽器を使って演奏 パンフルートを演奏する岡田さん(右)と前田さん  ルーマニアの民族楽器「パンフルート」を始め、多彩な楽器を使ったコンサートが18日、北九州市小倉北区の小倉城庭園で開かれた。  東京を中心に活動する音楽デュオ「こんぺいとう」の岡田俊昭さん(59)と、前田雅仁さん(50)の2人が演奏。岡田さんは旧門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄昏のビギン

  永 六輔 作詞  中村八大 作曲             雨に濡れてた 黄昏の街  あなたと会った 初めての夜            二人の肩に 銀色の雨  あなたの唇 濡れていたっけ                傘もささずに ぼくたちは 歩き続けた 雨の中                     あのネオンがぼやけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんぺいとうさんのコンサート

こんぺいとうさんが陽だまり苑に慰問に来て下さった。 18日の小倉城コンサートの前日の事である。 車椅子で小倉城に行けないお年寄りがいるとお話したら寄ってくださったのである。 東京から機材を積んで車で関門海峡を渡り休む間もなく演奏である。さぞお疲れになった事でしょう。 オープニングは「浜辺の歌」私の大好きな曲である。 拍手!…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

こんぺいとうさんのコンサート

5月はもうすぐ・・・。 17日は陽だまり苑で、18日は小倉城で・・・。 楽しみにしている。 2度も聴ける・・・なんという幸福\(^o^)/ 沢山の曲を聴くので後で思い出すのに苦労するから今年はノート持っていこう。 まえもってわかれば私が皆さんに配るプログラム作ってあげたいくらいだ・・・ 「コンドル・・・」は勿論、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感謝の心

やっとどうにか収まる所に落ち着いたようだ。 この家に住んで約50年あまり・・・。 家財道具はそれぞれに納まっていた。 8畳は客間、お茶のお稽古場として使うので何も置けない。 続きの6畳は点出し口として水屋に・・・。 廊下挟んで6畳はお待合・・・。 お客様に「この家は何でも直ぐ出てくる・・」と言われた事があった。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

まだまだ知らない事はいっぱい・・・

日当たりの良い「陽だまり苑」のヴェランダには小鳥がよく来る。 まだ芽吹いていない木に止まっているのが見える。 ガラスに顔くっつけて、おばあさんたちは、はしゃいでいる。 「来たよ!きたよ・・早く来て見てごらん・・・可愛いね・・・・」 ネットの具合が悪くて・・あちこち、いじりまわしていたら・・・。 「英語を並べて・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厚さ1,7センチ桜の一枚板が、5段、一軒の空間に入るようになっている。 対面式で、両側から、使えるように考えたものである。 お茶事のおり、お膳が15人前、並べられるようにしてあった。 下の空間は風炉釜等、当日使用のお道具が置けるように工夫してある便利な棚・・・。 約15人のお客様の時、次のお席にはいられる方がた、のた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

将棋とは・・

こんなにややこしいとは・・・。 未だに詰めを習っている。 そんなにむつかしく考える事はないよ・・ 誰かさんの声が聞こえるような気がする。 難しいのは只たんに「頭がわるいだけ・・・」そんな声も聞こえる。 テレビや映画の画面を見ても、そう偉い人ばかりが指しているようにもない・・・ 陽だまり苑でも、普通の爺様が面白そうにた…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

こんぺいとうさん

こんぺいとうのマネージャー奈菜里さんから、連絡あり、 今年はもしかして、陽だまり苑に寄る事ができるかも・・・ 毎年5月は「新緑コンサート」として「こんぺいとう」さんが東京から来られる。 伺うようになって、何回目になるだろう・・音楽好きの友を誘ってはお伺いしている。 笛とギターのお二人連れ・・・・・・音楽学校の先生とかって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽の恵み

朝から雪がチラチラ・・・。 予報は雪だるま・・。 我が家は急な坂の上、今日ご一緒する友の家は、これまたものすごい急坂の上にある。 車は大丈夫かな、坂を通らなくてもいける回り道があるはずだが・・・よくは知らないしどうしよう・・・。 九時、あんなに降っていた雪が急に止んで、明るくなった!!太陽だ!! 見るとお隣の白壁にくっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初釜にも伺えないように・・・

                御家元主催の初釜が大濠日本庭園で今年も催される                     お慶びの席なので是非伺いたいと思う。                        今年は行けるかな?                    着物着て1日中耐えられるかな、                皆…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

迷い犬

今日はこんな事があったとか、本を見て感じたこと、今日はこれを書こう、等と思いながらもう忘れて仕舞う事が多い。後で書こうと思っていた、あれはなんだっけ?? 今日こそ忘れないうちにとPCの前に来た・・・。 お隣の犬がいないと昨夜11時頃電話・・。 「メイ」はいつも屋敷内を放し飼いしてある。人間だと90歳位だと言う。目も耳も鼻も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

挨拶の省略

「銀杏を剥きながらかんがえた」・・・どこかで聞いたようなせりフだ・・・・ 銀杏はペンチで割れ目を入れ、状袋に15粒ばかり入れ、レンジで1分・・・出来上がり。 煮物等に入れる時はそのままで良いが、 つまみには空をとって、少量の油を引いたフライパンで炒め綺麗なグリーンになったら、お塩ふりかける。 最近は省略して短くした言葉が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明けましておめでうございます。

昨日は大掃除や模様替えをしていて、つい夜更かしをしてしてしまった。 正月と言っても特別若い頃のような用事がある訳ないのに、どうしても習慣はやめられない。 今日は寝坊するのも若い頃とおなじだ。 ニューイヤー駅伝を見て、昨日の録画を見て、一日中ゴロゴロ・・・・・ 夜になって、ご無沙汰のパソコンの前に来た。 夏子さんからブロ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

今日はクリスマス

デイのスタッフは忙しい。 陽だまり苑では、今週はクリスマス大会。来週は餅つき大会。と年末行事に大專・・・。 利用者全員が参加できるようにと何日もかけて実施する。 スタッフのかくし芸は本職顔負けのすばらしさ、可笑しくて一日中笑ったので、 シワがしんぱいだ・・・。 今年はマリックさんがお忙しくて欠席だったが、きみまろさんや…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

今年の年賀状は・・

年賀状も失礼して何年になるか、頂いた方にだけご返事差し上げる事にしている。 ゆっくりでいいと安心していたら、もう20日すぎたよ~ そうだ、下書きだけ作っておこう。 今年は数えで88だから、子供にかえってみんなを驚かせて・・・・面白そうだ!! ・・・色々考えると、止まらない。 運動会の仮装でガクランを着た写真があったっけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

息が出来ない・・・(2)

・・・10号線の「安部山入口」のバス停11時・・・と決まった。 タクシーで友を自宅まで迎えに行き、バス停で降りたら世話人はもう来ていた。 今一人が、待てど暮らせど来ない・・・ 11時30分・・・まだ来ない・・。冷たい風は容赦なくふきつける・・・・ お孫さんの車だと言うから、目立つように3人で国道筋に立っていた。 腰を下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息が出来ない・・(1)

「忘年会しない?」 メンバーの一人が言い出した。 月曜日は午前中趣味活動の時間なので、静かに流れている音楽聴きながら、ぬりえしたりして、 めいめい勝手に過ごしている。 私は「麻雀クラブ」のメンバーに入れていただいている。 ・・と言っても、牌を並べるのが精一杯の女性が4人・・・・・。おしゃべりがたのしいよ~。 「そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足跡

足跡のこと登録はしたけれど、どうしたら?? 夏子さんがブログに貼りつけるって教えてくださったけれど、ここかしら??
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

(ルピ)の復活を・・・

何を今更?と、お思いでしょうが・・・・・ 日本語はたのしいよ・・・。 ひとつの言葉を漢字で書き、読みは音読みや意味で勝手に読ませたりする。 色々な読み方があって結構面白いものである。 昔は必ず「ルピ」がふってあって、学校に行っていない年寄りでも新聞は読めたものだ・・。 戦争で人手が足りなくなって「ルピ」は止めたと聞…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

職人さんにはなれないよ~

二階の部屋の鍵がかからなくなったので、床張替えのついでに大工さんにお願いした。 あくる日やって来たが、買ってきたドアノブがドアに取り付けられないと言う。 ドアの穴が大きいので、板で穴を塞がないと・・・と言う。 その時は私も、40年も前の増築のおりに取り付けたドアだから、今はもう作ってにのだと思った。 ・・・電気製品でも1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

林檎狩り

陽だまり苑からりんご狩りに行きました。 平尾台の麓の母原という所です。 「りんごは寒い地方だけと思ったら九州でもあるの?」 初めて行った時は不思議でしたが、もう4年目?と思いますが、毎年つれて行って貰っています。 「もぎたての林檎が食べられる・・」・・なーんて幸せな事でしょう。 りんごの大好きだった亡き夫にと3…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

詰め・・・

ゆうこ先生の将棋の講義。 今回は「詰め」を習った。 つまり王様の逃げ場が無いように追い詰めると言う事か・・・。 先生は「王と歩」 一手で詰められると先生??だったかしら?(今日は火曜日・昨日のことなのに、もう忘れてる・・) 家来がだんだんふえていく。 「これは二手でつめられます」と先生。 ふーん・・こうやっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月曜日の楽しみ・・

今日は日曜日。 朝から女学校時代の友から電話・・ 「一日家に閉じこもっているので、ボケるばかり・・・あなたとお話したので、気が晴れた」と言ってた。 友達がだんだん少なくなって行く中、話し相手も3人ぐらいしか・・・。とも言ってたっけ・・・。 老人ホームのお話も出ていた。 「デイにおいで・・・」 それには乗って来ない・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

月曜日の楽しみ

将棋の第2弾。 ゆうこ先生が王将と歩で、私が全駒の対決。 今日もみじの院長に言われた。 「立派な先生に将棋を教えて頂くのに、いつまで王様とか歩兵とか言ってるのですか?」 本当にそうだ!もっと真面目にやりましょう・・・。 しかし、はさみ将棋の経験しかない私には、さっぱり・・・。 歩を一歩づつもまどろしい・・。 気…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

曲が出来たそうです

名も知らぬ花のように いつも空を見上げ 笑っている君だけど 人知れず流した涙があること わかっているよ 笑顔の陰に 時には素直に泣いてもいい その時に初めて君は気づくだろう 君が歩いた道の片隅に 懸命に咲く小さな花 いつか立ち止まり うつむいても その涙受け止めるために 人は誰も皆 重い荷物背負いながら 人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オカリナ

ゆうこさんのヴログで、私もオカリナに嵌っていた事を思い出した。 一時は5本揃えて、陽だまり苑で合奏しようか等と思っていたが、誰も関心を持ってくれなかった。 ひとりスタッフがいたが、その方も辞めて終い、その後オカリナもあちこちに貰われて行き、一本だけ残っている。 ハーモニカの方が音が馴染みやすいので、いつの間にかオカリナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月曜日の楽しみ・・

ゆうこさんから将棋の手解きを受けているが、この度は「詰め」についてであった。 5×5の升目で戦う。 ・・・ゆうこさんが王さま1人で私が金2枚、銀2枚従えた王様・・。 つまり5枚で、1枚を如何に効率良く追い詰める事が出来るか、と言う練習試合である。 それどれの駒の持つ力を覚えうのがたいへんだが・・・なかなか面白かった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

首が回らない!

「借金がかさんで首が回らない」というのは、よく聞くことばである。 「借金が無くても首が回らないこともある」ということを、この度経験した。 原因は私の姿勢にあると言う事をつくづく思いしらされた。 子供のおりの通信簿に「弱円背、両扁大」と書かれていたのを思いだす。 前かがみで、首を前に突きだした、姿勢である。顎を出し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ネジバナ

大好きな「ねじばな」である。 大きな植木鉢にいっぱい咲いていたが、いつの間にか消えてしまった。 最近は道端でも見かけない。夏子さんの所に咲いていたので、黙って頂いてきた。
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

将棋に挑む

陽だまり苑に元気溌剌のおばあさんが入ってきた。 お若い頃学校の先生をしておられたとかで、お話も上手である。 満州引き上げ当時の苦労話から、現在の趣味のおはなし・・際限がない。 趣味は手仕事。  機織りから折り紙まで・・。 お持ちの機織り機は、精巧なものらしい。 面白そうなので一瞬「やってみようかな?」心が動いたが・…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

陽だまり苑の絵

下関と門司で共同の花火大会が毎年盛大に開かれている。 陽だまり苑スタッフ手作りの絵は「海峡の花火」である。 関門海峡に架かる真っ赤な大橋に仕掛け花火のナイヤガラ。 色とりどりの打ち上げ花火。花火に浮かび上がる近隣の建物。スタッフのアイデアは素晴らしい。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足が4本、干支で3番目

この茶碗がそうである。 見込みの模様がまさしくそれである。 これは私だから大事に摂って置こう。 今日は久しぶりの役員会。相変わらず暑い! ヨタヨタして、みなさんにご迷惑をかけるので、お休みしていたが、会費もたまるので思い切って出席した。 喜んでくださる方もいて、私の大好きなレストラン「ラ・メール」に招待して下さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七夕様??

陽だまり苑の玄関にはスタッフ手作りのおおきな画が貼ってあります。 毎月どころか季節や行事に合わせて、次々に張り替えています。 先日は天の川やお星様で賑わっていましたが、今日は人物でした。・・先生方お二人??・・・ もしかして・・・・彦星と織姫??・・・
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日は26日

毎日暑い! tの命日だ。 陽だまり苑をおやすみして、お坊さんをお待ちする。 その間、座敷を占領しているお道具類の片付けものしていると、汗がボトボト落ちてくる。 此の「風炉釜」は、00さんに・此れは炉用だから炉のない家には向かない。 「御乙前」は置いとこうかな? でも先のこと考えると、これもどなたかにさしあげたほう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛の反対は・・・

ネットで天声人語を読んでいたら、「愛の反対は憎しみ?だけではなく、無関心でもあるそうだ」と書いてあった。 無関心は最近気になる事ばかりである。 身の回りの出来事に無関心・・。 いつか東京の銀座での出来事「男性が路上で死んでいたのに通りすがりの人は誰も気づかなかった」 という記事を、新聞で見たあくる日、私たち老婆が4人渋谷…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「出会い・・・。」について

「出会い・・・。」について 昨日はTの(月命日)であった。 いつものようにお寺さんがお見えになるのをじっとお待ちする。 お坊さんは私の学生時代の事をよくご存知で 「今日は・・十二礼・・をお唱えしましょう」・・お坊さんの後についてお経を上げる。 お勤めが終わられたお坊さんは、一服なさりながら 「今日は貴女にとってどういう…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

古い本

この度、何を考えてか娘が急に家の片付けを始めた。 これは要らない、これは捨てよう・・・。 私は、形のあるものはどんな物も捨てられない性分だ・・。 これは、物資不足の時代を過ごしてきたから・・・・ばかりではなさそうだ。 子供たちが育つ時代から溜まったものも沢山ある。 「この棚にある本類は40年も読んでいないようだからもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蛙君

今日は我が家の玄関番「かえる君」を紹介しようと思う。 いつ頃やって来たかは定かではないが、私が物心ついた頃よりいつも庭のどこかにいた。 大きな石の脇だったり、小さな灯篭の横等にチョコンとすわっていた。 10センチ位の小さな蛙だが、手に取ってよくよく眺めた事もなかった。 遠くからみるだけで、モチ話しかけた事もなかった。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

風鎮

風鎮と言ってもお若い方には分らないかも・・・。 昔、敷居の上に 「まるで雀が電線に止まっているように並んで立っている子供達」を見て注意したら 「敷居ってなんですか?」と聞かれて、驚いた事がある。 聞くは一時の恥・・・・というが・・・。 聞いても聞かなくても、一生思い出すこともないのであろう。 日本人の生活…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝉しぐれ

頼まれた「蝉しぐれ」どうにか仮印刷まで出来上がったが、用紙の具合が悪い。 A4の二つ折りだが、88ページもあるので、厚ぼったくて重たい感じだし、面白くない。 和紙で印刷して見たが、機械に詰まった。 本職はどうやって印刷するのだろう? 両面印刷だとどうなるのだろう?用紙は?、裏に響かないのかしら? 頁を挿絵等…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more